*ブラカメとは、スタッフのNoMがカメラ仲間とブラブラした写真散歩です。

1+

image003

 

「和歌山の湯浅でしらす丼を食べて、遠浅の海岸に行きましょう!」

 

そんな話で盛り上がったカメラ散歩だったけれども、どうも干潮のタイミングがよろしくない。

潮が引かない時のその海岸はどうもさっぱりしないもんだから、また別の機会にという話になり、

天気も午後から怪しいこともあったので、最終的には朝活な感じで須磨に行くことに。

 

 

今回はカメラ仲間に誘われて須磨に行ってきました。

阪神間に住む人にとって須磨海岸は身近にある海岸として子供の頃から慣れ親しんだ場所かと思います。

そして、カメラ散歩の定番コースでもありますよね。

 

多くの方はJR須磨駅から左側に向かって進むと思うのですが、右エリアも楽しいです。

どんどん進むと漁港やテトラポットがあったり、小さな川が流れ込んでいたりしています。

もし行かれたことがない方は一度探索してみてください。

この記事を書いているときは工事をしていて海岸沿いからいけませんでしたが、北側の階段を下りて線路側にある路地からも行けます。

 

 

そんな右派の僕ですが、この日は左エリアでの撮影です^^;

この場所で撮ることが多いですよね。

奥の水溜りをリフレクションと使うのがよく撮られるパターンかと思います。

もちろん、僕も撮りますよ(笑

 

image001

 

image010

 

image008

 

 

 

この日は満ち潮気味だったので波飛沫が飛びます。油断していると背中がびっしょりと。

そんなスリリングの中撮影は続きます。

既に靴は濡らしてしまった模様^^;

 

 

 

image012

 

image013

 

image011

 

image005

 

 

 

*

 

 

 

image007

 

image006

 

 

 

午前中で撮影終わって三宮にある「Triton cafe」へ

このお店は、写真家の濱田さんの撮影以来で随分長く来ることがなかったのですが、いつの間にか雑貨もなくなっていて、内装も変わっていてました。

昔の雰囲気が気に入ったので残念ですが、今のデザインもなかなか良かったですよ。

すごくよいCAFEですので是非行ってみてください。

 

この日、Pentacon Sixを持ってきている子がいました。

このカメラは、独ツァイス・イコン社が1960年に発表した中版フィルムカメラ。

すぐ故障することでも有名ですが、ステキな写真が撮れることでも有名で、故障するけど使いたいカメラNo1(?)で多くの方がひやひやしながら使っていますよね。

比較的安価で購入できますので、是非手に入れてみてはどうでしょうか?

僕も何時かは手に入れたいカメラです。

 

image015

 

image014

 

 

そんな、朝活、ランチでまったりの散歩でした。

 

それではまた次回!

 

1+

  NoM
NoM