5+

こんにちは、Takuです。

 

先日の5/6~5/10にかけて、チェコ共和国の首都:プラハへ行ってきました。

 

TAK_0149

 

また、今回の撮影に合わせ、新しくVSCO Filmの05 ver. を購入しましたので、そのレビューも兼ねて、プラハの美しい街並みをご紹介して行こうと思います。

.

.

.

【Why VSCO Film 05 (Archetype Films)?】

 

先に結論を言うと、VSCO Film 05の購入は、大変満足の行く結果となりました!これまで使用していた、【VSCO Film 02 (Classic Films)】に比べ、フィルムの種類も多く、幅広い表現ができる仕様になっている為、天候、場所や光の入り方などに応じ、自分好みの描写を再現することができました。また、中世の古い街並みが残るプラハと【VSCO Film 05 (Archetype Films)】の相性は抜群!街並みを少し離れるとある自然の緑と、オレンジに色づくプラハの街並みとのコラボレーションも、【VSCO Film 05 (Archetype Films)】では、両方の良いところを最大限に引き出してくれます!

 

それでは、プラハでの写真をご覧いただきましょう。

.

.

.

ロンドンの「Stansted Airport」からプラハの「Václav Havel Airport Prague」までは、約1時間45分のフライト。また、空港から旧市街地へは、バスと地下鉄を乗り継いで、約40分もあれば着くことができます。

 

Screen Shot 2017-05-17 at 12.48.02

 

今回は、バスとトラムを乗り継いで、宿泊するホテルへと向かいました。

 

TAK_0060

【Kodak UltraMax 400 Cool】

 

ちなみに、バス、地下鉄やトラムの乗車方法は、どれも同じ。空港で、1日券または3日券を買ってしまえば(駅やバス停留所の自動販売機でも購入可能)、プラハの街をスムーズに観光することができます。

 

乗車する際には、チケットの有効化を忘れずに!たとえ、乗車券を買って乗車していても、有効化していないで見つかると、罰金を取られてしまいます。

.

.

.

1日目は、夕方に着いたこともあり、下見ついでに旧市街広場へ向かいました。この日は土曜日で、観光客でいっぱい!ロンドンとはまた異なる雰囲気、街並みに魅了されながら、ぶらぶらと旧市街地周辺を歩きます。

 

TAK_0101

【Kodak UltraMax 400 Cool +】

 

その日の夜には、プラハ市民会館(Municipal House)のスメタナホールで、Vivaldiの「四季」のクラシック音楽鑑賞!

 

本場の音楽を、綺麗なコンサートホールで鑑賞するのはいいですよね。

.

.

.

TAK_0138

 

TAK_0144

【Kodak Gold 200 Cool +】

 

本格的に撮影を始めたのは、2日目から。まずは、有名なカレル橋(Charles Bridge)から歩いて行きます。

 

TAK_0223

【Kodak Gold 200】

 

TAK_0165

 

TAK_0152

 

TAK_0158

 

TAK_0166

【Kodak Gold 200 Cool +】

 

TAK_0156

【Agfa Vista 400】

 

TAK_0176

【Kodak Royal Gold 400 Cool】

 

TAK_0189

【Agfa Vista 400】

 

2日目の日曜日は、プラハマラソンが開催されていました。

 

TAK_0219

【Agfa Vista 400 Portrait】

 

TAK_0244 【Agfa Vista 100 Portrait】

 

TAK_0236

【Kodak Gold 200】

 

続いては、プラハの中心地を流れるモルダウ川を渡って、ペトシーン公園の展望台(Petrin Tower)へと向かいます。

 

Screen Shot 2017-05-17 at 19.51.17

 

パリのエッフェル塔を模して建設されたようで、「プラハのエッフェル塔」と呼ばれているみたいです。

 

TAK_0333

【Kodak Gold 200 Green】

 

ちなみに、展望台へ登るには、徒歩またはケーブルカーを使って向かいます。

 

プラハの街並み、新緑の緑、ケーブルカーとカップルを写したこの1枚は、個人的にお気に入りの1枚です。

 

TAK_0339

 

【Agfa Vista 400 +】

 

TAK_0374-Pano

 

展望台からの眺めをパノラマ写真にしてみました。プラハの街並みは、やはり綺麗です、、、!

 

その後は徒歩で、プラハ城側の街並みを散策して行きます。

 

TAK_0414

【Agfa Vista 400 Cool】

 

TAK_0427

【Agfa Vista 100 Cool +】

 

この後向かったのは、レトナ公園(Letna Garden)。

 

Screen Shot 2017-05-17 at 19.52.15

 

観光客で溢れるプラハの市街地を離れて、自然の中で撮影する環境は、ロンドンの公園で撮影する気分。

 

犬を連れて散歩する地元民を撮影したり、プラハの街並みを一望できるビアガーデンで撮影したり、、、。

 

TAK_0452

【Kodak UltraMax 400 Cool】

 

TAK_0464

【Agfa Vista 400 Cool】

 

撮影に集中できる、ゆったりとした時間を過ごす事ができました。

 

モルダウ川、クルーズ船、プラハの街並み、トラムや木々などなど、プラハのすべてが詰まった1枚が撮れたような気がします。

 

TAK_0456

 

TAK_0468

【Agfa Vista 400 Warm】

 

TAK_0475

 

TAK_0474

【Agfa Vista 400 Cool +】

 

TAK_0478

【Agfa Vista 100 ++】

 

TAK_0479 【Kodak Gold 200 Cool +】

 

プラハ2日目は、天気も良く、充実した撮影ができました。

.

.

.

プラハ3日目の朝は、スロースタート。

 

前日に16.7kmも歩いた為、多少疲れ気味、、、。ですが、貴重な時間を無駄にしたくない為、朝から出かけて撮影して行きます。

 

TAK_0500

【Kodak Gold 200 Cool +】

 

私の海外旅行のスタイルは、「地元民のように生活し、行動する」。あえて、有名な観光名所は回らずに、歩いて歩いて、雰囲気が良さそうなところを撮影していくスタイルを貫いて行きます。

 

TAK_0518 【Agfa Vista 800 Cool】

 

TAK_0505

 

TAK_0503

【Kodak Gold 200 Cool +】

 

TAK_0535

 

TAK_0539

【Agfa Vista 800 -】

 

TAK_0541

【Kodak UltraMax 400 +++】

 

さて、3日目のメインイベントは、プラハの猫カフェ!

 

旅の疲れも溜まってきたことで、猫ちゃんに癒されに行きます。

 

向かったのは、「Kavárna Kočičí」さん。

 

Screen Shot 2017-05-17 at 19.54.12

 

ロンドンの猫カフェだと事前予約が必要で、なかなか行ける機会が無い中、今回訪れた「Kavárna Kočičí」さんは、事前予約の必要無しで、普通のカフェに立ち寄るように、訪れることができます。

 

滞在時間の制限も無いので、自分(猫)の赴くままに写真を撮ったり、猫と戯れたりすることができます。

 

TAK_0568

【Agfa Vista 400 +】

 

TAK_0571

 

TAK_0551

【Kodak Max 800 Warm +】

 

猫カフェ滞在中に雨が降り出したので、またプラハの変わった表情が現れるかなと思いながら、旧市街広場の方へと向かいます。

 

TAK_0597

【Kodak UltraMax 400 +++】

 

TAK_0601

【Kodak UltraMax 800 Warm】

 

ロンドンのコヴェントガーデンのように、旧市街広場でも大道芸の方がパフォーマンスをしていました。

 

TAK_0620

【Kodak Royal Gold 400 Warm】

 

TAK_0626

【Kodak Ektar 100 +】

 

TAK_0662

【Agfa Vista 400 Warm】

.

.

.

さて、今回のプラハ旅行で活躍したレンズが、最近はあまり使っていなかった、標準ズームレンズのAF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR(http://amzn.to/2reOyGy)。

 

大勢の観光客で溢れてる街で、いつも使ってる単焦点レンズ:AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G(http://amzn.to/2qrEmtm)は、あまり向かないと感じた為、広角から望遠の両方が使えて、プラハの街の様子を全体的に収めることができるレンズをと思い、スイッチしました。

 

と言う事で、標準ズームレンズのAF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VRにスイッチして、カレル橋へ再挑戦しました。

 

TAK_0685

【Kodak Gold 200 Cool +】

 

TAK_0697

 

TAK_0698

【Agfa Vista 400 +】

 

TAK_0704

 

TAK_0723

【Agfa Vista 800 +】

 

望遠105mmでの圧縮効果を使って、2日目のカレル橋とは異なった風景を撮影。

 

カレル橋付近で、是非訪れて欲しいスポットが、「ジョン・レノンの壁(Lennon Wall)」。

 

ジョン・レノンの死後、彼の死を弔って、ファンがメッセージなどを書き込んだのが由来だそう。警察もその壁一面だけの落書きを容認しており、そこの場所だけ、カラフルで異様な雰囲気を醸し出しています。

 

彼のファンでは無いものの、壁一面のカラフルがとても素敵で、撮影しに来ました。

 

TAK_0719

【Agfa Vista 100 +++】

.

.

.

実質最終日の4日目は、ストラホフ修道院(Strahov Monastery)の図書室の撮影から1日が始まります。

 

TAK_0759

 

TAK_0748

 

TAK_0767

 

TAK_0770

【Kodak Royal Gold 400 Vibrant】

 

綺麗に整頓された本と、天井の絵画がとても綺麗ですよね!

 

「哲学の間」と「神学の間」とも、歴史ある趣で、プラハに訪れたら一度は目にして見たい名所です。

 

また、ストラホフ修道院は、2日目にも訪れたペトシーンの丘の隣に位置し、そこから眺めるプラハの街並みがまた綺麗!プラハ城やモルダウ川などが一望できます。

 

Screen Shot 2017-05-17 at 19.53.22

 

TAK_0780

 

TAK_0789

 

TAK_0799

【Kodak Gold 100 –】

 

TAK_0804

【Agfa Vista 400】

 

TAK_0821

【Agfa Vista 400 Cool】

 

TAK_0826

 

TAK_0829

【Agfa Vista 100 Warm】

 

個人的な印象ですが、プラハの色鮮やかな街並みの景色は、「Agfa Vista」と良くマッチするように感じますね。

 

本来のフィルムの「Agfa Vista」も、色鮮やかな描写が特徴ですが、VSCO Filmではその特徴がうまく再現できているかなと感じました。

 

TAK_0835

 

TAK_0839

【Agfa Vista 400 Warm +】

 

プラハ4日目は、この素敵な広告写真に惹かれ、「Czech Design Week 2017(http://czechdesignweek.cz)」へ行ってきました。ファッション、クラフト系やデザイン作品などなど、クリエイティビティに満ちた空間でした。

 

TAK_0856

【Kodak UltraMax 800 –】

 

TAK_0883

【Agfa Vista 800 Cold +】

.

.

.

ここからは、プラハ国立美術館(Prague National Gallery)へと向かいます。

 

TAK_0907

【Fuji Neopan 400 ++】

 

滅多に使わないモノクロですが、今回だけは試しに使ってみます。

 

プラハ国立美術館への道中にある、2日目にも訪れたレトナ公園(Letna Garden)を通って、美術館へ向かいます。

 

Screen Shot 2017-05-17 at 19.55.49

 

TAK_0920

 

TAK_0923

【Agfa Vista 400 ++】

 

TAK_0942 【Agfa Vista 400 Cool】

 

プラハ国立美術館での注目ポイントは、展示品もですが、建物そのもの!

 

白を基調としたデザインで、とてもお洒落ですよね。

 

TAK_0960

 

TAK_0954

 

TAK_0955

 

TAK_0979

 

TAK_0969

 

TAK_0966

 

TAK_0957

【Agfa Vista 400 Cool +】

 

TAK_0975

【Fuji Neopan 400】

.

.

.

プラハ旅行最後の夜は、朝に訪れたストラホフ修道院へ戻って来ました。

 

ストラホフ修道院にはビール醸造所&レストラン(http://www.klasterni-pivovar.cz)があり、そこでチェコ料理を頂きました。

 

食事後には、午前中に撮影した所と同じスポットで、プラハの街並みとマジックアワーを撮影。

 

TAK_0994

【Kodak Max 800 Warm】

 

プラハ旅行の最後を締めくくるにふさわしい、美しい景色を見る事ができました。

 

今回は撮影することはありませんでしたが、プラハ城や旧市街地の夜景も美しいですよ。

 

もし次回があれば、三脚を持って来て、撮影したいですね。

.

.

.

ということで、プラハで撮影した80枚の写真をご覧頂きましたが、いかがだったでしょうか?

 

世界の中でも、美しい街の一つと称されることだけあって、どの街並みを切り取っても絵になる素晴らしい街でした。

 

また街並みだけではなく、芸術や音楽の街とも言われることもあり、ただ街を歩くだけでも、自分の想像力を刺激してくれる街でもあります。

 

今回は詳しくご紹介する機会はありませんでしたが、チェコ料理も満喫することができました。チェコ料理は、”肉”料理が主流で、これがまた美味しい!どのチェコ料理の肉料理も、肉の量がとてつもなく多く、実際に頂くと驚きますよ!

 

チェコと言えば、”ビール”も欠かす事ができないもののひとつ!プラハの有名ビアホール「U Fleků(http://en.ufleku.cz)」で頂いた、黒ビールはとても美味しく、また飲んでみたいですね!

 

Screen Shot 2017-05-17 at 19.56.31

.

.

.

「VSCO Film 05 (Archetype Films)」に関してはいかがだったでしょうか?今回は、初めて使用するということで、様々な種類のプリセットをテストしてみました。どのプリセットも、中世の古くカラフルな街並みと絶妙にマッチし、自分の表現の幅を広げることができたと思います。

 

もし、ヨーロッパの古い街並みを撮影する機会がありましたら、「VSCO Film 05 (Archetype Films)」を使用して、編集してみてはいかがでしょうか?

 

きっとレトロで趣のある仕上がりになると思いますよ。

 

長文になってしまいましたが、最後までご覧いただき、ありがとうございました。

.

.

.

Taku

最近の写真
  • TAK_17302017.06.23
    . my photo diary in Japan .
  • TAK_01492017.05.20
    【レビュー】VSCO Film 05で表現する、中世の街:プラハの旅。
  • TAK_96612017.05.14
    旅する英国【ブライトン&セブン・シスターズ編】に
  • TAK_69172017.05.02
    【レビュー】Nikonで楽しむオールドレンズの魅力
  • DSC_5415_12017.04.14
    【レビュー】Helios 44M-4で写す「春」の季節。
  • DSC_03472017.04.02
    デジタルで表現する、フィルム感って?
5+

Taku
Taku